Biotronique

Login

Article

Microsoftから悪意あるソフトウェア認定されるCDオーディオ盤 $sys$sony.exe

Post by
tomo
Time
2005-11-13 22:34:58+09:00
Category
Review

ネット上では方々で報道され、話題になっている米ソニーBMG:音楽CDのウイルス懸念、訴訟に発展問題。 何故か、というより矢張り、TVなど大手コンテンツ会社系列への依存の激しいメディアではほぼ全く報道されない状況。 深刻な被害を喰い止める為にはキチンと報道すべき所だが、こういう問題は素通りしてしまう日本のTVって一体。 ネット業界からの買収騒動で、多角経営企業系列になると癒着で公正な報道が出来なくなる云々と文句つけてるTV局の偉いサンがいたが、すでに現状にして、コンテンツ供給サイドと広告主サイドに阿る報道自粛ばっかだろうに。

で、この問題、ソニーが音楽CDに組み込んだ“Rootkit”とは何者か?を一読すれば判る通り、かなり難儀なトロイの木馬型ソフトウェアが米ソニーGMB製のCDに忍ばせてあって、Microsoft社が当該プログラムを悪意のあるソフトウェア認定する意向というのがその内容。 Microsoft AntiSpywareやWindows Defenderで削除出来るようにするらしい。 悪意のあるソフトウェア認定されちゃあお終いだ。

この問題はそれだけでは済まず、mcafeeによりウィルス認定された問題実はスパイウェアでもあった問題件のプログラムにLGPLドメインにあるソースコードを盗用したと思しき痕跡が発見されてしまった問題、さらにはイタリアでは警察の犯罪捜査に直面してしまった問題もある。 海外amazonでのユーザ・レビューも凄い。

ブランドの持つ好印象が売りのソニー・グループでこの状況、かつての高水準イメージは日本以外で維持できるのだろうか。 この種の問題になると情報鎖国化する日本大手メディアにべったりの日本在住一般ユーザだけがソニー製品を支持する、そんな時代になるのだろうか。

Face Book Comments

Commentater
tomo
Commented Time
2005-11-23 07:05:00+09:00

ソニーBMGを提訴 米テキサス州 【ニューヨーク21日共同】という記事によれば、米テキサス州の消費者保護法などに違反したとして、違反1件につき最高10万米ドル、司法当局は数千件の違反があったとみているそうで。 総額幾らの賠償金になるかは知りませんが、CNNでは少なく見積もって35兆、NYポストでは29兆円とも。

払わされることになるかも知れないのはソニーBMGなのでしょうから、それがソニーなりBMGなりにどういう比率でどの程度波及するのか、それは株価に大きく影響する話ではあります。

Notes