Biotronique

Login

Article

例示字形変更による日本語破壊の怪

Post by
tomo
Time
2005-08-21 21:48:50+09:00
Category
Review

Microsoft社が同社の次期OSをJIS X 0213:2004対応させ、搭載フォントも同規格の例示字形に合わせたものにするという話が一部で議論の的になっている。 この字形変更は経済産業省が国語審議会で答申した表外漢字字体表の印刷標準体に改めるべく168字の例示字形を変更したことを受けてのもので、無論米 Microsoft社の独自仕様などではない。 にも拘わらず何故か同社を目の敵にしている人の極めて的外れな批判の影響も手伝ったのだろうか、同社に責任を擦り付けるキャンペーンはけっこうすさまじいものになっている。

しかし、今回の例示字形変更、元はと言えばJIS X 0213:2000、通称2000JISで俗字や誤字でシフトJISの未定義領域を埋め尽くして正字の追加を不可能にするという暴挙に出たため、文学界やマスメディアがこぞって「漢字を守れ」キャンペーンをぶち上げた騒動を経て、ついに正字が採用されたという経緯があるのだ。 この辺りの経緯はOpen ブログでの当事者による記事に詳しいが、そもそもの問題はJIS X 0208の例示字体に略字や誤字、噓字がままあって、相当する正字の方が規格から漏れていた事にある。 当然、国語審議会の「表外漢字字体表」にも準拠していないし、正しい日本語表記が出来なかった。 この問題を解決するものが、今回米 Microsoft社も従ったJIS X 0213:2004の例示字形である。

例示字形はあくまで例示に過ぎず、包摂基準内の字形の違いは同一コードポイント上で許容される。めいめい必要に応じて好きなフォントを選択して字形を選べば良いのだが、それではメールなど素のテキスト情報では字形の区別がつかない。 …そんなもん、包摂基準範囲なんだから区別がつかないのは当たり前なのだが、何故かこの件について、包摂基準を定めそれに従い文字セットを定義したJISにではなく、その文字セットを採用した米 Microsoft社に矛先が向かっているのが不思議なところ。 包摂した上で例示字形をどちらかにするという点ではJIS X 0213:2004と全く同じ構造のまま例示字形が略字ないし誤字の方であったJIS X 0213:2000を当時既に不採用が決まった符号化方法ごと採用し、一般ユーザから正字使用の可能性を排除する方針を早々と表明していた米 Appleに対し、日本文化の破壊云々といった抗議の声は殆どなかった。 正字と略字&誤字のどちらかしか選べない状況なら、JIS X 0213:2000と米 Apple社による略字&誤字陣営よりは、JIS X 0213:2004と米 Microsoft社による正字陣営を選ぶだろう。 尤も、どちらかしか選べないのではなく、包摂基準範囲内ならどれでも選べるのだが。

包摂してしまった事自体が問題だという意見もあり、これには一理ある。 しかし、言うのが遅すぎた。

既に述べた通り、JIS X 0213:2000の時点で問題の文字達は既に包摂済で、おまけに例示字形が略字や誤字だった。 例えば何かと話題になる「辻」の字だが、この時点で「二点之繞の辻

Face Book Comments

Notes