Biotronique

Login

Article

MARION systems MSR-2

Post by
tomo
Time
2000-03-12 23:58:00+09:00
Category
Review

the FrontView of MSR-2the FrontView of MSR-2

Modular Synthesizer MSR-2Tom Oberheim氏が娘さんの名前を冠して設立したMARION systemsから1994年に発表された1Uサイズの音源モジュールメインフレーム。 しかし発売されたのはさらに約3年後。

メインフレームMSR-2には2基のスロットがあり、各スロットに同社の音源カードを搭載して音源モジュールとして機能します。 音源カード次第で様々なシンセやサンプラーに変幻自在というのが当初の売り文句でしたが、メインフレームはアナログシンセカードASM1基とセットで販売され、別売のカードも同じASM以外には何も発売されなかった為、事実上MSR-2はASMを搭載したアナログシンセ音源モジュールに過ぎません。

シンセサイザーとしてはOrberheim社のExpanderの廉価版に新機能を加えたものと言え、その点ではOrberheim社のMatrix6等と似た音源。 しかしオシレータがHROというピッチ分解能の高いデジタル制御式で、且つ波形はアナログ制御という過渡期的な方式でありました。

搭載可能な音源カードは前述の通りASMだけですが、購入時には空の1基に別売りのASMを増設することも出来ます。 ASMは1基当たり8音ポリで現在の水準で見るとやや少ないので、この増設機構は有用に思えます。 しかしMSR-2はカードを2基積むと途端に故障し易くなるという重篤な欠陥があると言われてもいます。

音色傾向は全体に弱腰で、アタック感が弱い。 ピッチは非常に安定しており、ビブラート等の連続音高変化は非常に滑らかですが、音色は地味。 フィルタはアナログタイプで、カットオフ周波数をHROで変調して所謂FM音色を作ることも出来ます。

Microtonal

Alchemymicrotonalな音源であり、全鍵独立でピッチを調整可能です。 しかもその分解能は1/512 cent。

Face Book Comments

Notes