Biotronique

Login

Article

Kawai K5000

Post by
tomo
Time
2002-03-17 00:28:00+09:00
Category
Review

Addvanced Additive Synthesizer K50001996–1997年に(株)河合楽器製作所から発売された、嘗てのK3から連なるK seriesの最先端にして最終形。

音色合成システムはAdvanced Additiveと呼ばれ、倍音加算方式とサンプル波形再生方式の2種類の音源システムを組み合わせるものです。

前者の倍音加算音源については1―63または64―127の各倍音独立エンベロープで制御するDCODCFDCAに通すわかり易い方式。 ここでのDCFは実際にはフィルタではなく、DCOの各倍音成分をコントロールすることで高域成分の増減を行う擬似的なもの。 最終段のFormant Filterも作用の仕方は同様。

後者のサンプル波形再生方式音源もDCO出力をDCFDCAに通す方式ですが、こちらのDCFは本当にフィルタで、レゾナンスの効きが非常に良い。

音色合成は上記の2種のソース方式から任意に選んだ1–6ソースを組み合わせる。 1ソースで合成すると32音ポリフォニックですが、1音色当りのソース数を増やせばポリフォニック数は減少する。

DAW用設定file

Nuendo2.*以降, CubaseSX1.*以降 用device setup file

一部にプリセット以外の音色名が混入しているので、必要に応じて修正してくんなもし。

Face Book Comments

Notes