Biotronique

Login

Article

Music Studies

Post by
tomo
Time
2014-02-02 22:28:00+09:00
Category
Exhibit

過去の習作や没作等を含め、自作作品をまとめて掲載。 最新の更新は2014年。

Commentater
tomo
Commented Time
2003-02-11 08:47:00+09:00

作曲

サブちゃん オリジナル

1988年頃の作。 オリジナルは紛失したものと思っていたがSMFが見つかった。

素っ頓狂なメロディだが、これは無理矢理に演歌調とYMO的なポップスとの融合を謀ったため。 YMO的な路線の痕跡か、この曲のAパートのコード進行は「春咲小紅」Aパートのそれに非常に近い。 制作当時はこの事実に全く気づかず、後になって気づいて狼狽したものだ。 作曲時には北島 三郎氏の声を想定したのだが、周囲にコブシの利く歌い手もおらず、そのまま忘却の彼方へ…。

当時はKawai Q-80に打ち込んでKawai K1Roland MKS-7で鳴らしたが、その音声データは手元に残っていない。

サブちゃん

1988年頃の作を2003年にリアレンジした作品。 リアレンジ時点では上記オリジナルを紛失しており、全て記憶だけを頼りに再構築した。 後日見つかったオリジナルと比較してどうか?

リズムについては当時よりシンプルにしたかったので、2003年時点の嗜好で組み直した。 また、当時はなかったピアノパートを追加、Bパートの琴は当時は他者が入れてくれたが和風コントみたいなので没とし、この度考案し直した。 2003年の制作環境はホストがNuendoで、ピアノはSteinberg / The Grand、白玉はNative Instrument / FM7、時たま出てくるストリングスはRoland / Orchestral、打楽器系は全てSteinberg / HALionでサンプル波形は自分で叩いたドラムセットRoland TR-66から録音した音、メロディはDaichi / Synth1、お琴風音色はよりにもよってUniversal Sound Module2010年に音色のみ再度差し替え。 制作環境はホストがSteinberg / Cubase 5.5で、ピアノはModatt / Pianoteq Pro 3.6、オルガン音色はVirsyn / Cube 2、お琴風音色と時たま出てくるストリングスはSteinberg / Halion One、ドラムセットはRhodes Primer / Drum Primer、他の打楽器はSteinberg / Halion One、メロディはSteinberg / Monologue

沖縄ファード

1988年頃のサブちゃんと同時期の作。 未だオリジナルは紛失したままで、全て記憶だけを頼りに再構築した。

当初、エジプトのمحمد فؤاد(Mohamed Fouad)のアルバムが好きで、そのイメージで沖縄音階の曲を作ろうとしたが、全然そうならならず。 メロディは一応沖縄音階の構成音を使ってはいますが、旋法が全く民謡になっていない上、和声が音階を無視しているので全く沖縄音階に聞こえず。 同じ沖縄テーマでもDJ Kicomix's REMIX contest @2ch DTM Vol.1.5Melancholic Gとは全く違います。 しかし、この旧作は強引なメロディと裏腹な物悲しい和声との絡みが今にして思うと結構好きかも。

この曲もオリジナルはKawai Q-80に打ち込んでKawai K1Roland MKS-7で鳴らしたが、データが手元に残っていないので記憶を元に復元した。

Sun Set Bazar

サブちゃん等と同時期の作。 オリジナルが残っていました。

この牧歌的な曲想は何の影響でしょうか? 全く覚え無し。 Van Dyke ParksJump!に多少感化された点はあるかも知れず。

ジャンプ!<紙ジャケットCD>

Title
ジャンプ!<紙ジャケットCD>
Media
CD
Availability
no inventory
Author
ヴァン・ダイク・パークス
Manufacture
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
Standard Price
¥ 2,200
Amazon Price
no inventory
Amazon Point
なし
Amazon Consultation
0
Biotronique Consultation
5

These data is given on 8-17 8:06.

ガムラソ

サブちゃんと等と同時期の作。 オリジナルが残っていた。

ガムラン的なシーケンス付きの曲という事で作った記憶があるが、曲調は全く無関係。 Bパートのペダルベースと下降するコード、メロディの組み合わせが気に入っている。

オリジナルデータをNuendoに移して今回のオーディオデータにした。

Modern

1991年2月の作。 ムード歌謡を4ビートのスィングで…という狙いだった記憶があるが、どう聴いてもリズムはブギウギ。

本作はRoland MC-300上のSuperMRCで作成した当時のデータをSMF形式を介してNuendoに取り込み、全てVSTiの演奏で再現した。

Techno Harmony

1992年にRoland MC-300上のSuperMRCで作成した当時のデータをこの度Steinberg / Cubase 5.5上で音色差し替え実施。 ピアノはModatt / Pianoteq Pro 3.6、打楽器系はCamel Audio / Alchemyg200kg / Freqatic 0.4Rhodes Primer / Drum Primerを組み合わせ、他は概ねVirsyn / Cube 2

Rose On Veranda

おそらく1992–1993年に、Willie Colónのアルバム「Solo」の1曲「 Nueva York」へのオマージュも込めて作ってみたのに全然サルサにならなかった曲。 和声進行がボサノバっぽく聴こえる。 何気に間奏が愉快な○○エさん一家…。 ( ;´Д`)

Solo

Title
Solo
Media
CD
Availability
no inventory
Author
Willie Colon
Manufacture
Fania / Umgd
Standard Price
¥ 1,029
Amazon Price
no inventory
Amazon Point
なし
Amazon Consultation
0
Biotronique Consultation
5

These data is given on 8-17 8:06.

Solo

Title
Solo
Media
MP3 ダウンロード
Availability
no inventory
Author
Manufacture
Fania
Standard Price
Amazon Price
no inventory
Amazon Point
なし
Amazon Consultation
0
Biotronique Consultation
5

These data is given on 8-17 8:06.

本作もRoland MC-300上のSuperMRCで作成した当時のデータをSMF形式を介してNuendoに取り込み、全てVSTiの演奏で再現した。

因みに、曲名は元々は「主婦の微笑み」。

Warp Elegance

多分、1993年くらいの作。 Warp Records的なものに割と優雅な和声をくっつけようという、ただそれだけのものだが、最近引越しの折にDATを発見。 この度、若干のRe-Mixingを施した上で、極く短いダイジェストとして公開。

1993年頃の作。 今にして思えば、Tricky Discoの頃のWarp Recordsへの憧れを表現したにしては、リズムが大人し過ぎます。

元々はEnsoniq TS-12の内蔵シーケンサとKorg DDD-1を同期させて各々の内蔵シーケンサに打ち込み、さらにDDD-1からのトリガ出力でRoland TR-66を無理矢理に同期させてリアルタイムミックスしたもの。 しかもマスターはVHSのHi-Fi音声トラック。 (DATへのトランスファーは後年。) 他の音源は、Kawai K4rKawai GMegaCasio VZ-8M、ドラムにはKorg S3も使用したが、この機種は未だ手元にある。

今回のRe-Mixing時に、残存していたSMFファイルを使って白玉和音とベースラインにSoftware Synthesize Synth1Kawai K5000RNative Instruments FM7を薄く重ねて音色補強した。

編曲

Yo Te Quiero Steel

DJ Kicomixのリミックスコンテスト 第1回題材の「yo te quiero」をモチーフに編曲した作品。

Gato Chanko

著作権法上問題が無い様、肝心のアカペラ素材を削除して私が作った伴奏のみにした版を公開。

DJ Kicomixのリミックスコンテスト 第1回題材の「Gato Borracho(お酒を吞む猫)」をモチーフに編曲した作品。

Commentater
tomo
Commented Time
2003-12-23 20:41:22+09:00

2003年公開分追記

作曲

2003年お年賀楽曲

2002年末の作。 本サイトの2003年元旦Flash用の曲。

Melancholic G

2003年の作。 DJ Kicomixのリミックスコンテスト 第1.5回題材の題材の「舞台演劇の台詞の断片」をメロディのモチーフとして作曲した作品。

1さんマイラヴ (8頭身のテーマ)

2003年の作。 歌詞などはまとめて別リソースに。

編曲

Kohadesa IMO-delic

DJ Kicomixのリミックスコンテスト 第2回題材の沖縄民謡「こはでさ節」を編曲した作品。

Kohadesa Astral

DJ Kicomixのリミックスコンテスト 第2回題材の沖縄民謡「こはでさ節」を編曲した作品。

Commentater
tomo
Commented Time
2004-12-30 00:56:35+09:00

2004年公開分追記

作曲

2003年お年賀楽曲

2003年末の作。 本サイトの2004年元旦用の曲。

編曲

Moonligt World

DJ Kicomixのリミックスコンテスト 第2.5回題材のMoonlightを編曲した作品。

Commentater
tomo
Commented Time
2013-01-01 12:07:00+09:00

2014年1月公開分追記

作曲

2003年のゴースト楽曲

もう時効と思いますが10年ちょっと前にゴーストの手伝いでそのゴーストをやったときの曲。 ある歌姫用の曲でゴーストライターのコンペがあって、それは出来レース的に選ばれる人は決まった様なものではあるけれど顔を繋ぐためにノミネートはしておきたい…というような背景があるらしく、その為のゴーストの孫請けみたいな話。 でもその孫請けでもコンペがあるので、とりあえずそのコンペだけは通過できるかやってみようということで作った曲。

余計なアレンジはしないで、しかしコードやリズムなど基本的なことは全部わかる形に、そしてメロディラインはピアノ音色で、と色々レギュレーションもあり、依頼文を読んだのが締切30分前だったので全パートの演奏からMP3エンコードまでその時間で間に合うようにシンプルな曲にした。孫としてのコンペは通ったが…これってそもそも歌姫のカラーに全然合わない。 なんか周回遅れの小室系みたいな…。

このヴァージョンはその時のMIDIデータに対し音色を差し替えたのとストリングスセクションとTR-808 Cowbell音色を加えた。

1988年の習作

PCのデータ整理していたらMIDIデータが発掘されました。 20歳に作った曲でサブちゃん オリジナルと同時期の曲。 多分生涯で4~5曲目位の習作だが、当時一応イントロからエンディングまで全部作って歌詞も付いていた。 そこからAメロ部のみ抜粋。 AmのことをC on Aとか書いちゃう位にコードネームもチンプンカンプンで五線譜も使わずKawai Q-80に手弾きで足していった割には弦楽のアレンジがまともかな。

尚、Chibaは千葉だが「チャイバ」と読ませるアイディアが作詞サイドからあって、曲が中華風なのはその要求に合わせるため。

Commentater
tomo
Commented Time
2013-02-02 22:28:00+09:00

2014年2月公開分追記

作曲

1991年の曲

たまにまとまった自分の時間がとれるとソングライティングと過去曲データ掘り起こしをやるのだが、これも掘り起こされた過去データの1つ。 時期的にはたぶん Kawai Q80に手弾きして作ったデータだが、自分には珍しく割とまともにピアノパートを弾いている。 ベースは如何にも自分が弾きそうなフレーズをわざわざ打ち込みで再現している一方でリズムギターに相当するパートが特に見当たらず、ミニマル風のパートが何故マリンバなのかも今となっては不明(だけどトラック名がそうなってた)。

おそらく、フュージョン系ピアニストの―早い話ボブ・ジェームスとか―のアルバムで最後の曲にゆったり爽やか爽快な曲が入っていたりするあのイメージとニューエイジミュージックのイメージを結合させたかったんだろうと思う。 どちらも特に好きなジャンルじゃないのだが。 自分はプレイヤー志向、実演家志向ではなくてソングライティング志向なのだとはっきり自覚して照準を合わせ始めた時期なので、とにかく作風、ジャンルの幅を広げようと試行錯誤して、その中の1つ。

Face Book Comments

Notes