Biotronique

Login

Article

オモロイ音楽

Post by
tomo
Time
1999-06-02 00:55:15+09:00
Category
Review

これだけいろんなモノが出揃った後、余計なものはどんどん削ぎ落とされていくこの御時世だから、流石に今時“実験”だの“前衛”だのを標榜するばかりの不恰好な音楽は無くなったけれど。

じゃあ、王道な音楽が進展しているかというと、相変わらずブラックミュージックの後追いが日本には多くて、渋谷系とか言ってた頃と変わらない所をグルグル回っています。

それなら本物の方が良いに決まっているので、宇多田よりもレイラ ハザウェイとか聴いてしまうこの頃。

日本の軽音楽で、聴くものが無い…。

皆さんは最近何聴いていますか? また、お薦めは?

Face Book Comments

Commentater
linearb
Commented Time
1999-06-08 12:43:14+09:00

まいどです。

今年は、臺灣出張は、7月くらいからになると思います。 一度、臺北で一杯やりたいもんです。 東京出張っていったら、ほとんど西東京になっちゃうのよねん(悲)。

日本のおもろい音楽ねえ…。 私は、あまり売れ線のものって殆ど聞かないのでうただって言われてもどんなのかまともに聴いた事ないんですが、黒人ぽいのってどうも、日本人がやると、借り物ってイメージがありますね。 結局は、ボーカルのキャラクターが気に入るかどうか、っていう点に私は終始するので、スタイルは、借り物でもいいかな、とは思っているんですが、やっぱりひねりは欲しいですよね。 (どっちやねん > 自分)

さて、

おすすめというか、Tomoさんが気に入るかどうか、分かりませんが、思い出波止場というバンドの金星というCDがあります。 全編シュールです。 どんだけシュールかというと、ヤンス ヨハンスンのfissonというアルバムにBEAUTIFUL LUNG DOGという曲がありましたが、その調子でCDまるまる一枚出来てるようなイメージが私にはあります(笑)。

それと、ずいぶん前ですが、MASALAHPにお越しいただき有り難うございます。 オリジナル曲はとりあえずHP上で、SMFreal audioの形で掲載しています。 数少ないですが。

Commentater
tomo
Commented Time
1999-06-19 08:15:44+09:00

一度、臺北で一杯やりたいもんです。 東京出張っていったら、ほとんど西東京になっちゃうのよねん(悲)。

でも、私は職務内容が一部変わってしまい、臺灣に行く事はなさそうです。

こうなれば東京か大阪の近郊で、どうにかして…。

日本のおもろい音楽ねえ…。 私は、あまり売れ線のものって殆ど聞かないのでうただって言われてもどんなのかまともに聴いた事ないんですが、黒人ぽいのってどうも、日本人がやると、借り物ってイメージがありますね。

うただは線が細くて音程が小刻みにふらつくのがかえって切なく聴こえる声で、普通に聴かせるとは思うけど、特段上手いとか、天才云々っていう風評はちょっと…。

しかし、欧米在住者が欧米流行に沿ったものを出すと本場モノになるというこの状況。 YMOが海外公演して来て世界的に認知されたYMOとして脚光を浴びた頃と全く変わってないので、どうもそのカラクリに飽きちゃいました。

結局は、ボーカルのキャラクターが気に入るかどうか、っていう点に私は終始するので、スタイルは、借り物でもいいかな、とは思っているんですが、やっぱりひねりは欲しいですよね。

確かに。 USA生まれの歌手だって、先人達が築いたジャンル、奏法唱法の借り物から入っているのだから同じ事ですしね。 その先人が本人と同一国籍かどうかで黒白付くわけでは無くって、その人ならではの他では味わえない面白さがあるかどうかだけ。

おすすめというか、Tomoさんが気に入るかどうか、分かりませんが、思い出波止場というバンドの金星というCDがあります。 全編シュールです。 どんだけシュールかというと、ヤンス ヨハンスンのfissonというアルバムにBEAUTIFUL LUNG DOGという曲がありましたが、その調子でCDまるまる一枚出来てるようなイメージが私にはあります(笑)。

ヤンスでやんすか。 そりゃ、シュールです。 それで売れているなら、日本の音楽シーンもまだまだ捨てたもんじゃない。

CD探してみます。

ではでは。

Notes