Biotronique

Login

Article

American Pies

Post by
tomo
Time
2003-03-02 23:14:08+09:00
Category
Review

アメリカン・パイ(無審査特別版) [DVD]

Title
アメリカン・パイ(無審査特別版) [DVD]
Media
DVD
Availability
no inventory
Author
Manufacture
ポニーキャニオン
Standard Price
¥ 4,935
Amazon Price
no inventory
Amazon Point
なし
Amazon Consultation
0
Biotronique Consultation
0

These data is given on 6-28 23:06.

アメリカン・サマー・ストーリー アメリカン・パイ2 【ベスト・ライブラリー 1500円:ラブ

Title
アメリカン・サマー・ストーリー アメリカン・パイ2 【ベスト・ライブラリー 1500円:ラブ
Media
DVD
Availability
no inventory
Author
Manufacture
ジェネオン・ユニバーサル
Standard Price
¥ 1,500
Amazon Price
no inventory
Amazon Point
なし
Amazon Consultation
0
Biotronique Consultation
0

These data is given on 6-28 23:06.

American Beautyに出演のMena Suvariが出ているというだけの理由でAmerican Pieの1と2のDVDを購入。 手に取ってみたら高校生男子の悶々話だったのでポーキーズみたいだったら最悪…と思いつつだが、観てみたら非常に面白い。 Mena Suvariは作品に恵まれている!

この映画は、数々のティーン・エイジャーものと比較して格段に真実味があり登場人物に親近感があると本国で評判らしい。 しかし映画らしい非現実的なドタバタは随所にあって、別にドキュメンタリーらしさがある訳ではない。 じゃあどこがどうリアルと言われたんだろうと考えるに、それは登場人物が別にイケイケの人生を送ってはいないという所なんだろうか。 誰もが羨むヒーローでもないし、ユーモア満点の好人物という訳でもない。

さらに驚きなのが、彼らの性的な状況が非常に保守的なところ。 1作目は「高校卒業までにヴァージンを捨てたい」というテーマだが、こんなの今の日本では絶対に成立しっこない。 さらに、2作目はその1年後の設定なのに新恋人が安易に出現しないし、結局は高校卒業時の関係を引き摺る結末。 現実のアメリカは「ちょっと郊外に行けば出身州から出たこともなくて高校時の交際相手とそのまま結婚して…みたいなのがゴロゴロいる」とか「60年代でもサイケでフリーセックスなのはほんの一部だけで、大半は変わらず保守的な生活だった」とかよく聞くが、実際にこういう設定の映画に真実味があると評判になるんだから本当なんだろうな。

日本がはじけ切った自由っぷりの手本にしたアメリカって結局, 誰が考案した幻想だったんだろう?

あと、天才的な楽器の才能を持つ知的障害児と間違えられた主人公がステージ上で出鱈目の限りを尽すのに、スタッフも観客も誉めることしか出来ない…というプロットにワラタ。 優遇の体裁ととった差別ってやっぱりどこでも共通なんだな。

Face Book Comments

Commentater
tomo
Commented Time
2003-03-15 18:40:34+09:00

MILFlコンビの一人(立ちションする方)って、American Beautyでは家を買いに来てて台詞が無かったのでエキストラの人かと思ってたら、本シリーズでは大活躍。 何て俳優なんでしょう。 立ちチョン途中で制止されて我慢してる演技が良い味だしてる。

追記

John Choという役者さん。 カリフォルニアの大学で英文学専攻中に演技の世界に入ったらしい。

Commentater
tomo
Commented Time
2003-03-30 13:33:10+09:00

あと、天才的な楽器の才能を持つ知的障害児と間違えられた主人公がステージ上で出鱈目の限りを尽すのに、スタッフも観客も誉めることしか出来ない…というプロットにワラタ。 優遇の体裁ととった差別ってやっぱりどこでも共通なんだな。

この件について、DVDの音声解説トラックで脚本のAdam Herzが以下の様に説明している。 アメリカでも特別扱いで差別を隠蔽する風潮は根強い様です。

Which I always felt, “No, ofcourse we're not.”

The whole joke is that it's almost like a mind social commentary which is that people don't expect much from the mentally ill with no real good reason.

やはり、障害者に対して途端に硬直した態度を取ることで、如何に彼らを差別しているかを風刺する意図で書いている訳ですな。 素晴らしい。 そして、こんな事をいちいち弁明しなければならない観客の傾向が悲しい。

Notes